FC2ブログ
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽療法&芸術療法

2007.12.07 20:26|*アメリカ医療事情*

先月の終わりから音楽療法士が子ども病院で活動をはじめ
先週から芸術療法士が血液腫瘍科のチームの仲間に加わりました。
音楽療法士も芸術療法士もどちらもBoard Certified(認定された)専門家で
音楽療法士の方は学校で、芸術療法士の方はボストンの病院で活躍されている
経験の豊富なかたがたです。
音楽療法も芸術療法も色々なところで取り入れられ、特殊教育の現場などに
受け入れられています。また保険によっては療法として病院へ支払いもされます。

一昨年から運営費をもらえるように企画書を提出するまで話し合いをしたり、
職務内容を調べたり、色々な努力をCLSたちとソーシャルワーカーの方たちと
行ってきたので、ここまでたどり着けて感慨深いものがあります。
またこのような芸術療法など認定されている方たちはカウンセリングや発達心理などを
並行して勉強しながら、音楽・アートの専門性を深めているので
新しいアイディアや取り組み方、専門性などチャイルドライフのトレーニングだけでは
学べないことを共有してくれ、新しい学びの機会があるなと楽しみです。

今日も芸術療法士としての初期アセスメントの仕方、そこからどのように
こどもやティーンにあわせた作品作りを始めるかなど
5分くらいでしたが話し合う機会をもつことができ、充実した時間となりました。
心理社会支援(Psychosocial care)を一緒に行う専門家が増えるのは大歓迎です。

ハヌカが始まり、クリスマスも間近にせまり、
それに伴ったイベントや準備で忙しくなる時期です。
子どもや家族とのかかわりを持つ時間も短くなったり、
臨床が十分にできない焦りがでてくる時期でもあります。
そんなときに協力できる人、相談できる人がいることがどんなに大切かそんなことも感じます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。