FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Child Life Programとは

2005.12.05 11:48|*Child Life*

Child Life Program/Servicesとはどのようなものでしょうか。

北米におけるChild Life Program/Servicesは病院や医療機関で子どもとそのご家族に提供される療育ケアの一環です。
①医療機関という非日常な上ストレスが多い空間で過ごす子どもたちのより良い成育を促進する。
②医療機関における経験や病気、生と死など人生における困難な問題へ理解を深める
③精神的なサポートのある環境を作る
④家族と子どもの自主性や長所を引き出し、支援する
(CLC、2005)
というのが大きな指標です。

Child Life Specialist(以下CLS)とよばれる専門家がそのケアの全般を担います。CLSは発達心理学や病院における子どもの発達・心理などの専門家で病院にいる・来る子どもとご家族のために様々な役割をはたします。
①治療、処置、検査、手術などの心理的準備
②治療、処置、検査時のサポート
③メディカルプレイ
④成長に欠かせない遊びや教育の提供、その場所の管理
⑤兄弟へのサポート
⑥グリーフケア
⑦緊急救命室、集中治療室、放射線治療など特殊医療現場でのケア
⑧入院・手術前の説明会(ツアー)
⑨外来での支援
(CLC、2005)
このように役割は幅広くあります。また
①小児医療に関わるプロフェッショナルとの協働
②学校プログラムの運営
③チャイルド・ライフ科にいる学生の教育と現場監督
④ボランティアへのオリエンテーション、トレーニング、現場監督
(アニマルアシスティッドセラピーを含む)
⑤特別なイベントの主催、地域との連携、寄付のコーディネイト
⑥地域の住民や子どもへの理解を促す機会をつくる
(CLC,2005)などの仕事も多数あります。
CLSの仕事についてはまた別の機会に何回か触れます。

Child Life Councilから認定されたCLSはCertified Child Life Specialist(CCLS)と名乗れるようになります。

CCLSになるには最低「学士」(BA, BS)が必要です。心理学、発達心理学、教育学、特殊教育学、リクリエーション療法、家族学などをChild Life Council(以下CLC)の定める科目を10科目以上取得し、480時間以上のインターンシップをCCLSの監督下で行い、そしてCLCが行う認定試験に合格することでCCLSとなります。その後も毎年更新料を収めること、5年ごとに50時間のProfessional Development Hours(カンファレンスや大学の授業で関連内容を学んだ証明)を提出することまたは試験に再度合格することがCCLSの認定を受け続けるために必要です(詳しくはChild Life Council, http://www.childlife.orgにてご確認してください)。

大きな小児病院ではChild Life Department/Services/Programに40-50人のCLSが所属するところもあり、小さな病院では15-25床の小児科に一人のCLSが働く場合もあります。大きなプログラムはmanager/director/coordinatorと呼ばれる管理職がプログラムを率います。Child Life Department/Services/ProgramにChild Life Assistant、先生、音楽療法士、美術療法士、レクリエーション療法士、クラウンなどが所属することもあります。

私の勤務する病院は地方都市にある125床(NICUを含む)の小児病院です。一年間で、のべ5万人の子どもたちが治療をうけ、またのべ4300人以上が入院します。
CLSはフルタイムが2人、パートタイムが2人。
一般小児病棟、PICU、腫瘍血液科、HIV科に一人づつCLSがいます。
NY州北東部を中心に大きな地域をカバーするのでヘリコプターで緊急運送が行われることもある病院なんです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャイルドライフって?

チャイルドライフっていきなり言われてもチンプンカンプン。よく分からないと思います。直訳して「子どもの生活」???なんて思う人も多いかもしれないですね。なので、チャイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。