FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

child life specialistとは

2005.12.07 11:31|*Child Life*

child life specialistはどんなひと?

CLSは病院にいる子どもとご家族がより心地よく過ごせるように働きかける人です。子どもとご家族を暖かく迎え、遊びや教育の場を提供し、お話の聞き役になったり、医療用語を噛み砕いて説明したり、うれしいニュースを一緒に聞いたり、残念な知らせを一緒に聞いたり。一緒に笑ったり、泣いたり、怒ったり。友達をつくる架け橋になったり。もちろん、ご家族や子どもの悲しみ、不満や怒りが爆発するときに受け皿になる場合もあります。
医師や看護師、医療ソーシャルワーカー、検査技師、理学療法士、作業療法士、栄養士、秘書、広報担当者、管理職などなど病院で働く全ての人が協力して子どもと家族の体験を少ない痛みや不快感とともに送れるよう働くのです。病院はもともと楽しい場所ではありませんから、良いカスタマーサービスと質の高いケアが子どもとご家族の体験全体の満足度に大きな影響があります。

CLSの仕事を独自なものとする点は
①遊び/アクティビティーをツールとして使うこと
②発達心理や社会心理的なアプローチをすること、そこからの提案をすること
①’②’子どもの発達に合わせた言葉使いや説明のしかたができること
③Patient Care以外=間接的に子どもや家族のための環境をより良くする仕事が多数あること
など

また上記のの能力を使って小児科以外で働く機会も作り出すことができます。たとえば、歯科医院、葬儀場、Early Intervention、Home Care、法廷、子どもや青少年の施設、ホスピスなどなど。
CLSの仕事は幅広いのです。

スポンサーサイト

コメント

ブログ「ひまわりロード」のえみ@Child Life Master studentです。
ブログ開設おめでとうございますe-68
私のブログをリンクに入れてくださってありがとうございます。
トラックバックもはってみました。
今後も色々情報交換していきましょう。
よろしくお願いします。


えみさんへ
コメントとトラックバックありがとう。
ゆっくり記事を増やしていこうと思います、気長に見ていてくださいね。
こちらこそよろしくお願いします。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Child Life Specialist/CLS)って?

チャイルドライフスペシャリスト(CLS)は、その名の通りチャイルドライフの専門家です。チャイルドライフは主に発達学・心理学などをベースとした学問です。それらの知識を活用し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。