FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CaringBridge 家族と友達をつなぐサイト

2006.06.29 09:47|*アメリカ医療事情*

最近個人がブログやホームページなどインターネット上で日記を書いたり
情報を提供するのはめずらしくないことですね。
こどもが生まれるとき、家族(こどもも大人も)が病気になったときに
毎日の様子を簡単にインターネット上に書き綴れるサイト
CaringBridgeを紹介します。
アメリカは本当に広い国です。家族が遠くの州に住んでいると
めったに会えなかったり、時差の関係で連絡がとりにくかったりします。
毎日の仕事、こどもの学校、学校行事、学校後のアクティビティー、
教会、ボランティアなどなど活動的な人たちはほんとうに
寝る時間を削って忙しく暮らしています。
そんななかで家族の一員に病人がいる、または赤ちゃんが生まれるとなると
情報がほしいけれども、忙しいなかでどうやって連絡しあって、
助け合っていくのか難しいところです
CaringBridgeはそのような家族と友達の連絡を比較的に容易にし、
架け橋になろうというサイトなのです。

このサイトの良い点は管理が簡単で初心者にもできる点、
家族や友達のコミュニケーションが目的で、特に応援、支援のコメントが中心
になる内容であることです。

時々お母さんがた(お母さんが管理している場合が多い)から
「CaringBridgeやっていて、家族との連絡が楽になった、
同じ内容を繰り返し繰り返し、電話で話さなくってよいから
こどもと過ごす時間が増えた・・。」なんてことを耳にします。

*************************

病気のお子さんをもつお母様ですばらしいHPを作って
いらっしゃる、はなさんとそのサイトを紹介します。
リンクさせていただきました。

輝く子供たち ~小児がんと闘う子供たちとご家族へ~

小児がん みんなの闘病記

お母さんならではの視点で、すばらしい提案や意見を
発表しているのとともに、料も質もある資料を提供していらっしゃいます。
「みんなの闘病記」では家族同士の交流や情報交換を
積極的に行って、みなさんと一緒に前進しているようすが
手に取るようにわかる素敵なサイトです。
こどもさんのこと、そして子どもさんとともに過ごした闘病の日々を
一番良く知るのはご家族です。
ご家族の声、こどもの声を聞く姿勢を忘れずに、
組織の中でもそれを活かせるように働きかけたいと日々思います。
アメリカの先進的な組織では患者さんやご家族を雇って、
他のご家族のケアや連絡などの役割を担ってもらったり
病院の方向性に意見を言ってもらったりするようなところもあります。
Family Advisory Committee/Teen Advisory Committee (council)など
ご家族や、ティーネイジャーが意見を活発にかわし、
病院を変えていく機会があるのはよくあることです。
はなさんもこんな機会があったら大活躍していらっしゃるであろう
素敵なお母様です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。