FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kids Kicking Cancer

2006.09.30 09:52|*アメリカ医療事情*

Kids Kicking Cancer(小児ガンをけっとばせ)は
ミシガン州とニューヨーク州を中心に子ども病院・外来・病棟にて
空手をはじめとする武道を使って
小児ガンと向き合って、ともに暮らしていこうというメッセージを
こどもやティーンに送っているユニークなNPOです。

武道をツールとし、同時に習得できる呼吸法、リラックス法、
イメージ法、メディテーション、と空手の動きによって
心身ともにケアし、鍛えていきましょうという
ホリスティックなケアを目指す、面白い試みです。
このKids Kicking Cancerプログラムは痛みのコントロール、
QOLの向上などの科学的研究を行い、このプログラムの有用性を
常に確かめている点も、注目に値するプログラムです。
スポンサーサイト

コメント

私の実習&インターン先の病院でもKarate Therapy(空手セラピー)のセッションを
独自に週2日行っています。
病気や障害とともに生きている子どもたち向けの空手教室です。
たまたま病院のOTが武道に長けていたことが、
このセッションの始まりだったそうです。

専門で活動しているNPOがあるとは知りませんでした。
いつも素敵な情報ありがとうございますe-53

NYで現地の幼稚園の先生として働いていますが、来年の6月に日本に帰るつもりでいます。日本に帰国したら病棟保育士として働こうとネットで調べていましたら「child life」とい言葉を知りました。 
日本に帰る前に、こちらで病棟にいる子ども達にボランティアできないでしょうか?
何か情報がありましたらメールくださると助かります。よろしくお願いいたします。

>えみさん
空手や「Reiki」など日本の文化がこちらで療法的なツールとして使われているのはとても面白いなと思います。近く、空手の先生を招いて病院でプログラムを始めることができそうなのですが・・・。はじまったらまたどんな様子か書けたらよいですね。

>kittykatさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。ボランティア活動が盛んな国、アメリカでは色々なボランティアの機会がありますね。お住まいはNYシティーでしょうか?お近くの大きな病院には必ずVolunteer Office/Servicesというようなオフィスがあって、応募できると思いますよ。応募の際に、「小児科のchild life specialistのもとでボランティアをしたい。」と申し出ていただければ、きっと道が開かれていくと思います。またメールさせていただきます。

はじめまして。今フィラデルフィアにあるTemple UniversityでTherapeutic Recreationを専攻にしています。卒業後CCLSの資格を取って、小児科でノナカさんの様にアメリカでCCLSとして働きたいと考えています。ノナカさんは、CCLSとしてアメリカでWorking Visaを取得したのですか?Working Visaを得る為に困難な事はありましたか?その為に努力したことなどを、教えてほしいです><。
アメリカでCCLSとしての経験を得たいので、アドバイスをどうかお願いします!
アメリカで成功しているノナカさん、すごく素敵だと思います♪。・:+

>Saoriさん
はじめまして、コメントありがとうございます!TRも様々なところで活動や経験ができる、楽しそう学科だなあと思っています。CLSのコースも併設されているのかな?
私にとってアメリカで働くということは簡単ではなく、つらいこともありますが、CLSの幅広い仕事を包括的に、またマネッジメントやプログラムの発展のために必要なことを経験できていること、学び続けられる環境にいることをありがたく思っています。感謝。
アメリカで就労するには就労ビザかグリーンカードが必要です。私は大学卒業後OPT中に現職に就職し、現職場がスポンサーとなって約9ヵ月後にH1-bビザと言う専門職用の就労ビザを取得しました。H1-bビザに関する法律を含む移民法は毎年改定されているので、くわしくはUSCISのサイトでよく調べるか、弁護士の方に聞いてくださいね。
就労ビザは雇い主がスポンサーとなって申請するので、仕事をさがしてポジションを確保するということが一番大変なはじめの一歩だと思います。特にCLSのポジション数はそれほど多くありません。アメリカ内でどの地域、地区に行ってもよいという気持ちと柔軟性がCLSの職に就くためには必要だよとよく言われます。その他経験の豊富さ、CCLSであるか、推薦など様々な要素があります。
書き始めるとキリがありませんので、よろしかったらどうぞメールで具体的に質問してくださいね。よろしくお願いします!!Saoriさんも勉強がんばってくださいね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。