FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLC Annual Conference in Florida

2007.07.05 07:54|*conference*

6月7日から10日までフロリダ・オーランドで行われた
チャイルド・ライフ・カウンシルによるカンファレンスへ参加してきました。
25周年ということもあり、例年になく参加者が多かったのですが
いつもながら教授、ディレクター、実習やインターンシップでお世話になった
CLSや友達に再会でき、新たな出会いもたくさんある楽しい4日間でした。

参加したセッションもほとんどがディスカッション中心の、
考えることが多い良いセッションばかりでした。
他のセッションにも興味深いものがたくさんあり、
全てのセッションにいけないのがとても残念だったのでした。

参加したセッション*発表者省略
*Developing a Child Life Research Base: Exploring the Possibilities
*Walking the Line: Flirting with Professional Boundaries in Child Life Practice
*Bibliotherapy for Breavement Support, Coping with Loss, and Hospice Intervention
*It takes a Team:A Multidisciplinary Urgent Care Approach to Child Abuse
*25 Years of Child Life Education:A Look at the Past, the Present, and the Future
*Patient Website:Are We Crossing the Boundary Lines?

チャイルド・ライフ・カウンシルがACCH
(Association for the Care of Children's Health)のなかから
設立され活動を始めてから25年、過去を振り返り、現時点の活動を見極め
未来への展望を考えるにふさわしいカンファレンスだったと思いました。
専門職として自他共に認められるようになるために先輩方は
様々な努力を重ねてきたわけですが、その時点での問題点を見出し、
その解決策を迅速に提案、実行し、そのうえで
また改善していこうとする姿勢にはいつも学ばされます。
これからもCLSが様々な場所で活躍できるように
課題を具体化し、色々な話し合いを持つこと、学びあうことに
終わりはないのだということを再確認した、そんなカンファレンスでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。