FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nt

Author:nt
2004年4月よりアメリカの小児病院腫瘍科血液科にてChild Life Specialistとして勤務。2010年より異なる仕事でCLに関わっています。実習ではSurgical Unitと腫瘍科外来を経験し、インターンシップは脳外科神経外科&ERで行う。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Child Life Council Annual Conference

2006.04.04 08:34|*conference*

チャイルド・ライフ・カウンシル(Child Life Council)は多くのCLSが所属している団体です。

Child Life Cuncilは年一度カンファレンスを行います。
今年はテキサス州ダラスにて5月26日から28日まで4日間にわたって
様々なレベルのセッションが行われます。
2007年は記念すべきCLCカンファレンス25周年のため、
フロリダ・オーランドのディズニーワールドの一部のリゾートで行われます。
2008年はカリフォルニア・サンディエゴです。

参加する利点は
①アメリカ・カナダ、そして世界からCLS/HPSがくるので
それぞれのプログラムや病院の様子を学べる
②フレンドリーで協力的な先輩に出会える。
③最近の傾向やトレンドを知ることができる。
④同じ志を持つ人と意識を高めあえる
などです。
学生の立場だと
*インターンシップについての質問をそれぞれの病院に勤めるCLSに
たずねることができる
*パイオニアである大先輩と話ができるかもしれない
*カンファレンスに効率よく参加する練習になる
というようなことも利点かもしれません。

私が学生のときに参加したモントリオールのカンファレンスで
NZのホスピタル・プレイ・スペシャリストMarianne Kayesさん、
Johns Hopkinsの元ディレクターでCLSパイオニアのJerrian Wilsonさん、
またJoy Goldbergerさん、そしてChildren's Hospital of PhiladelphiaのディレクターChris Brownさん
などなど経験豊富な方と直接お話しする機会がありとても勉強になりました。

昨年は参加できませんでしたが小児医療の中でとても斬新でありながら
暖かい雰囲気でドキュメンタリー映画を作るDr. Leora Kuttnerが
お話したりと素敵な機会がたくさんあります。

地域別にあるCL関係の団体もカンファレンスを実施します。
内容も充実しているので地域で行われる勉強の機会も見逃せません。




スポンサーサイト

コメント

今年は参加できませんが、来年はいよいよCCLS認定試験を受けるので初参加します。
フロリダカンファレンス!フロリダというだけでワクワクです。
ディズニーワールド行こうね!なんて一緒に受ける予定の友達と話してます。
かなりヨコシマな気持ちもありますが・・・(苦笑)、
試験が一番の目的なのでちゃーんと勉強して臨みたいと思っています。
そのときにはnonakaさんにもお会いできるといいなと思っていますe-68
そうそう。この間のコメントで紹介したispyの立体版のようなおもちゃ。
去年のCLCカンファレンスで売っていたものだそうです。
日本で活動するようになってもPDHのためと、
新しい情報・ツールに出会うためにカンファレンスには参加していきたいと思っています。
・・・出張費で費用出してくれる病院あればいいな。

>えみさん
フロリダのカンファレンス楽しみですね!
場所柄少し長く滞在したいくらいですよね。試験があるとはいえ、
いろんな意味で楽しむことができると思います。
私も行きたいなあと思っていますが・・どうなるやら。
えみさんにいつかお会いできるの楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。はじめまして。今日はじめてこのブログに出会い感激しています。私は、チャイルドライフスペシャリストになることを目標に今、NZで英語の勉強をしています。あおの前は日本で保育士として働いていました。
チャイルドラフスペシャリストに該当する資格は世界各国にあるのでしょうか?
また、お邪魔させていただきます。


>ともこさん
はじめまして、メッセージありがとうございます。
NZは私の大好きな国のひとつです。
NZやオーストラリア、英国にはホスピタル・プレイ・スペシャリストという方達がこども病院・小児科でCLSのような役割をしていらっしゃいます。CLSに該当する職種が現時点でみられるのは西ヨーロッパ、北米、アジアの一部、南アメリカの一部など限られていると思いますが、色々な現場で働ける基礎を勉強するので応用していく、発展していくのはそれぞれの人の努力と才能と、運かなと思います。そしてこどもにとって良い療育環境や体験を願い、働いているのはCLSだけでなく、色々な方がた(先生、保育士、看護師、医師、各療法士、SWなど)いらっしゃいますので、色んな角度から同じ目標をめざして働いていきたいものですね。
ともこさんも英語の勉強がんばってください、また遊びにきてくださいね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。